子供の虫歯治療にオススメ歯磨き粉ランキング

子供の虫歯治療にオススメ歯磨き粉ランキング

子供の虫歯予防にやはり食後の歯磨きです。
【食後30分以内に始める】
研磨剤の入ったものが歯垢も落とせます。
口の中には雑菌が繁殖しやすいのですが口の中に食べ物のカスの残ると雑菌の栄養となってさらに増えてしまいます。虫歯だけでなく風邪予防にもつながるので寝た後には必ず歯磨きうがいをすることが予防につながります。ちなみに高校生と中学生の我が子は1度も学校の歯科検診で治療を勧められたこともありません。離乳食を始めてから食後30分以内に小さい時から必ず歯磨きをしています。小さい時は人子供用のクリアクリーンを使っておりましたが、小学校の3、4年生位から大人用のお使いようになりました。研磨剤も多く含まれており使った感触もスッキリすると言っています。
【食後3回磨く内の一回は15分以上磨く】
もう一つ一つ丁寧に磨くにはやはり時間がかかります、朝学校のある日などは時間が短いですしお昼給食の後ではやはりゆっくり歯磨き時間はほとんどありません。なので平日は夜が無難かと思います。お休みの日は朝ごはんが終わった後テレビを見ながらゆっくりと磨くのも良いでしょう。顔磨く時に洗面所の鏡の前で 磨く方もたくさんいらっしゃると思います意外と時間的には長く磨くことができ難いです。なので飯を磨く時が食卓でテレビを見ながら歯磨きをすることをお勧めします。歯の状態が気になるのなら手鏡を持って見ても良いですし一つ一つの歯の全ての側面を磨くことを意識してゆっくりと時間をかけて磨くことを習慣にする。だいたいの時間目安で15分以上はかかると思います。
【歯磨き粉選びのコツ】
実際に歯磨きをしていると合う合わないの歯磨き粉が出てくることも多いです。必ず入っていた方が虫歯予防になるのは研磨剤です。物理的にカスを落とすということがまちがいなくゴミを取り除くことができる方法です。いろんな味やホワイトニング効果があるものなども多く出ていますのでお好みで良いと思います。
【歯磨き粉と合わせて歯ブラシ選びも】
歯の大きさに合わせた大きさを選ぶ。歯ブラシの毛先が長すぎても短かすぎも毛先がはの間に行き届かないことがあります。
虫歯予防には歯ブラシのお手入れも大事な1つです。歯ブラシは長いこと使っているとだんだん毛先が広がってきます。広がってくると歯茎に当たるようになり歯茎が傷ついてそこからばい菌が入って歯肉炎を起こすこともあります。また歯を磨いた後歯ブラシを濡れたまま置いておくとカビが発生してくるので使用後は乾燥させること、行く歯医者さんなど殺菌灯が置いてありますが家ではなかなかできないので洗濯物と同じように日干しすることもカビ防止に良いでしょう。